脱兎の夢日記。

脱兎の夢日記。

夢と現実の日記。

☾⋆ | 試験

学校で最後のテストを受けた。
テストの形式がいつもと違く、全教科のテストの用紙が予め机に置いてあり、自分で各教科の時間配分して解き、解き終わった用紙を事務室から郵送すると春休みに試験結果と卒業判定がくるということになっていた。

そのことを理解していなかった私は、1教科解き終わってから次の教科に移る時間の合図を待っていたら、実際は教科ごとの時間配分は受験者の自由だったため、無駄に時間を消費してしまった。
その結果、全ての教科の試験を終わらすことが出来なかった。
これでは卒業出来ないかもしれない。

私はなんとか悪あがきしてでも卒業がしたいと思い、郵送する時間までにこっそりと誰にもバレずに試験を解き終えようと考えた。